04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.05 (Fri)

「畑63」当日分見本誌書評①

 とりあえず今回は「畑63」で当日提出いただいた見本誌の簡単な書評などを。なお、一度にやると視覚的に長いので(笑)何度かに分けてまいります。
 あと、持ち帰った見本誌の中に「当日図書館スペースに忘れて帰られた展示用見本誌」が紛れ込んだようで、もしかすると「アレ? 提出した覚えがないんだけど…」という同人誌が登場するかもしれませんが、そこはご愛嬌ということで。
 複数冊数をご提出していただいているサークルの場合は、どれか一冊を挙げさせていただく形にいたしております。
 あと、18禁本は一応、ここでは省いておりますので(このブログ自体が18禁ではない都合で)、あしからずご了承をお願いいたします。

見本誌

①「甘い香りの魔物たち」DREAMEAN発行
 オリジナルの魔法少女(?)もの。今回の漫画系では、もっともストーリーの展開やまとまり、キャラの立ち具合などが安定していたと感じた作品。読んでいて安心感の高いレベル。サークルは「Runup + 大福ワルツ」で参加。
②「剣機一体ジロカイザー」K-ING
見ると2006年の作品。こういうヒーロー系巨大ロボットものって、ついありがちな設定になる傾向があるのだが、これはぶっ飛んでいた(笑)。とりあえずオヤジには頭突き食らわしたい衝動に駆られたが、ラストのコマの「ぽんっ」に「おっ!(笑)」。
③「東十郎夜話 其の七 東名道おぼろ道中」てむじん
 なんかて出てくる車が60~70年代っぽくてツボに…(笑)。その上、妖怪系も好物と来ている私にはありがたい作品。節目節目の小ギャグが実にいいアクセントになって効いている。実は、こういう手法はバランスが悪いと途端にストーリーの流れが破綻したりする危険があるのだが、この辺のバランス感覚は経験の賜物か。
④「定規を探して」ロマンキャン
 ライトな萌えコメディ。一応、ひとつの話としてきれいに完結させる形は出来ているが、長編へのプロローグ臭いイメージ(※それが悪いということではない)。さてさて、どうでしょうか。
⑤「雨の猫寺」ももんがの里
 ヒットもすれば空振りもする。おしょうさんの優しさが微笑ましく和ませてくれる。はて…どこかでこういう種類の人間を見た記憶があるのだが、果たしてどこで…? 同時に提出されていた長編ファンタジーものなどは、プロットがしっかりしていて見せ場をうまく利用しているためか、途中から読んでも意外と違和感がない。感覚的な見せ方がうまいのだろう。
⑥「GRANLOAD」hp
 典型的ゲーム系ファンタジー。…っぽいのだが(笑)、そんなことはどうでも良く、おっさんのキャラが実にいい立ち具合だ。つかみからオチまで外さない感じ。楽しい。

見本誌

⑦「ゴ満悦ッ!」イチマンゼロゴ
 いわゆる複数作家による幕の内弁当っぽさが魅力のオムニバス同人誌なので、一口に評価するのは難しいのだが、ギャグ系の冴えが際立つ印象。特に「(死亡)フラグが見える」なんて個人的には「もやしもん」の「菌が見える」以来のヒットだった(笑)。掲載されている4コマ漫画のネタも、1話単位どころか、全話をつないで起承転結がついていて関心。
⑧「オリーブ・ガール」となりのとろりー
 純愛百合系。こういう自然な会話の流れで当たり前のように進行するストーリーと言うのは意外と難しかったりするが、構図やエピソードのつなぎと工夫で見せきっている。作者の脳内でのイメージにぶれがない印象。大事なことだ。
⑨「Motto 春号」碧の空想。
 これも純愛百合系。特に起承転結があるわけでもないが、これはこれで素直に読み切れてしまう出来。なぜか笑ってしまう会話が楽しい。
⑩「ABOSHIくん本*01」千年あぼし
 隣の不思議異形キャラ系(笑)。この本自体は製作発表記念本的な印象。この次の展開に期待。でも、サークル名はどっかに入れておきましょう。
⑪「イヌ。です。」サークル名不明
 一応メアドはあるが、奥付がない。ダメですよ。サークル名ぐらい書いとかないと。これも不思議異形キャラ系(一応、犬らしいが)天然ギャグ4コマ。ニヤニヤしながら読む本(笑)。
⑫「人魚噺」湖音
 絵柄的に濃い目のファンタジーという印象が先立つが、内容はどこか所帯じみたファンタジー(笑)。しかも、なんだかさりげなくバカップル(大笑)。こういうノリ嫌いじゃねぇーなぁ。シリーズ化するんだろうか?

ボン

 というわけで、多分3回ぐらいに分割ですね。続きをお楽しみに。

 あと「とらねこツクネのガレージ」でも書きましたが、6月14日に石川県金沢で開催される「北陸本専3」に、スタジオD-BOX(武田の個人サークル)でサークル参加します。現地でお会いできる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。それではまた。

スポンサーサイト

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

16:13  |  書評?  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sousakubatake.blog38.fc2.com/tb.php/16-992483a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。