04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.11 (Mon)

ゴールデンウィーク疾走記(下)の1(笑)

 ご無沙汰いたしております。いよいよ(下)なんですが、実は写真の整理に手こずっておりまして、なにやらここからさらに4分割あたりになりそうな雰囲気です(苦笑)。
 なにしろ日本からデジカメ用にパナソニックのエボルタを16本持参して、それを全て使い切った挙句、現地で補充までしたという有様なので、推して計るべしといったところですね。

 さて、どこにいるかと申しますと、実はとりあえずベトナムにおりました。
ベトナムにて
 この時点では余裕で笑っておりますが、実は出血を伴う十二指腸潰瘍を発症いたしておりまして、それが発覚したのがベトナムに到着する1時間前の飛行機の中という状況では手のうちようもありません(せめて空港で発症していてくれたら、そのまま家に引き返したのだが…)。
 余談だが、飛行機といえば羽田発の某航空会社のボーイング777-300。2時間ばかしフライトが遅れて乗り継ぎで冷や汗をかく破目に。「メンテナンスの関係で出発が遅れております」とかアナウンスはあったが、明らかにエンジンの回転の上がり方と音がおかしい。車とジェット機が同じかは知らないが、十中八九点火系の電装関係のトラブル。良くてコード類の劣化。悪くすると制御コンピューターの交換。そういうのはもうメンテナンスとかじゃなくて「故障」というのだよ。
 さて、出足からしてこんな調子の4泊7日?の旅はこうして始まった。

ベトナムにて
ベトナムにて
ベトナムにて
 まずはベトナム名物のバイク渋滞。いや、マジに凄い(笑)。ほとんどが日本メーカーなのだが、日本では見かけない車種が多い。こちらの主力は110ccぐらいのカブ系。しかもデザインがえらいスタイリッシュなのだよ。
 ちなみにこの渋滞の酷さに開き直って、土産物屋には「渋滞Tシャツ」なんてものが売られていた(当然、買った)。

ベトナムにて
ベトナムにて
 私は観光名所とかそういう類に全く興味がない種類の人間なので、相変わらずその辺の日常的な写真ばかりを撮っている。
 上の写真を見ると、高層ビルとその他の市街の混在ぶりが、まだベトナム戦争からの復興のカオスを残していることが見て取れる。

ベトナムにて
 市街をうろついていて入ってみた土産物屋さん。この辺の人たちはほぼ日本語ペラペラなのは驚く(申し訳ないが、現地のツアーガイドより達者かもしれん)。ちなみにこの店、値切りはまあまあ。ベトナムドン、USドルの他に日本円が使えたのは助かった。
 おまけだが、夕刻に「良いマッサージがある」と、ツアーガイドに引率されて連れて行かれたのが、よりによってこの店だった(土産物屋の上でマッサージ屋を兼業していた)のには吹いた(笑)。

ベトナムにて
ベトナムにて
 この辺は比較的表通り。このあたりで古い手巻き式の腕時計とかを、値切ったりしていた。たしか1個38ドルとか言ってたのを3個で60ドルまで値切ったのだが、はてさて高いんだか安いんだか(笑)。

ベトナムにて
 ちょっと裏に入るとこんな感じ。昼間は良いが夜はちと危ないとか。

ベトナムにて
 移動中のバスから撮った写真なのだが、戦争博物館みたいなとこだろうか? 奥に戦車が見えるが、北ベトナムのマークがついてて、ドラム缶をしょってないからT54かなんかか?

ベトナムにて
ベトナムにて
ベトナムにて
ベトナムにて
ベトナムにて
 郊外はこんな感じ。話は関係ないが、実は私は廃墟マニアでもある。人にもよると思うが、廃墟マニアとしての私は、そこにかつて住んでいた人たちの幻を求める。そこには私が知らない人たちの日々の営みがあり、そこに笑顔や泣き顔や会話や様々な彼らにとっての日常があったはずだ。残されていったリカちゃん人形を発見し「ああ、ここには昔女の子がいたのか」と思い、壁にぶら下がったカレンダーから、その子がもういいおばさんになっているだろうと推測する。「ここを出て行って、幸せに暮らしてくれているのだろうか」などと顔も知らない赤の他人に思いを馳せることがある。
 また、こうした(廃墟ではないが)家々、もしくはひとつひとつの窓の明かりの向こうにも同様に私の知らない日常が存在する。それはもうひとつのミステリーなのだ。あの窓の向こうにはどんな家族が暮らしていて、今食卓を囲んでどんな会話をしているのだろうか?などとお節介なことを想像するのもまた楽しいのである。

ベトナムにて
ベトナムにて
 どこへ行っても、一生懸命働く人たちの姿って良いものだと思う。

ベトナムにて
 間違いなく一生懸命に働かれていると思うのだが、しかしこれはどうかと(笑)。肩に担いでいるのは何かの鉄材だと思うのだが、フレームに収まらんぐらいに長い。
 かと思えば↓こんなのとか
ベトナムにて
 ホンダのスーパーカブ100だと思うのだが、もうちょっと手加減してやっていただけないかと(苦笑)。

ベトナムにて
ベトナムにて
 そういえば、こちらではバイクは全て「ホンダ」と呼ぶ。ヤマハだろうが、スズキだろうが同じ。今でもコピー機のことを「ゼロックス」というお年寄りがいるのと同じようなものかと思っていたが、どうやら「バイク」という単語が既に「ホンダ」というレベルらしい。ヤマハやスズキのディーラー(写真で見てわかるとおり、ちゃんとある)に入っていって「ホンダくださーい!」とか言うと、店員はいったいどんな顔して(当然、自社の)バイクを売ってるんだろうか?

ベトナムにて
 ピンボケているが「OSAKA Cafe」とある。そのまんま「大阪カフェ」でいいんだろうか? これも移動中のバスの中から撮影したので、どこにあるのやらもわからんのだが、なんか入ってみてぇー(笑)。

ベトナムにて
 街中のヘルメット屋さんの露店。バイクの需要が爆発的に拡大して、ヘルメットが義務化された(のか?)のが割と最近なので、需要も多いらしく、こういう露店を結構見かける。
 余談だが、写真を撮りそこなったのだが、パンの露店というのがあって、例のバケット(フランスパン)をこのヘルメットと同じように吊るして売っている。問題はその場所。高速道路だかバイパスだかの路肩の上で店を広げている。あんな制限速度あんのか?みたいな道で、誰がわざわざ車停めて買うんだろうかと不思議でしょうがないんだが、それよりもあんたたち危ないって(苦笑)。言っちまえば、東名高速の上でラーメンの屋台ひいてるようなもんだ。
 しかし、あのパンを買ってみたい気もするが…。ちなみにベトナムのパンはなぜか妙に美味い。

ベトナムにて
 そういや、べトナム屈指の名店とかいう触れ込みのこの店なのだが(ネットでの評判も上々)、正直…うーーーーーーーーーーむ…。まずいとは言わないが、それほどのもんかと首をかしげるレベル。特にメインのサーモンの煮付け(多分、なんかもうちょっと気の利いた名前がついていたんだと思うが、どう見ても…いや、食ってみてもやっぱり…)なんて「多分わし作れるぞ」というシロモノ。まさかツアー業者、コース料金を値切ったんじゃないだろうなと疑いたくなったほどだ。

ベトナムにて
ベトナムにて
 しばしば見かけた3輪バイク。これ欲しいなー(笑)。日本に輸入できたら登録上間違いなくトライク扱いになるので普通免許で乗れる。うーん。どっか輸入してる業者ないかな(ちなみに、先述の日本では販売されていないカブ系のバイクを逆輸入している業者ならある)。

ベトナムにて
 今回、お気に入りの一枚。名前は知らんが、でっかい川のほとりを散歩する母子。いい風情だったのでストロボを殺して、脇を固めてシャッターを切った。

ボン

 とりあえずは、今回はこの辺で。今週中にはベトナム編の後編をアップできればと思います。それでは!



スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

19:20  |  レポート  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sousakubatake.blog38.fc2.com/tb.php/141-6e4590b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

 ご無沙汰いたしております。いよいよ(下)なんですが、実は写真の整理に手こずっておりまして、なにやらここからさらに4分割あたりになりそうな雰囲気です(苦笑)。 なにしろ日本からデジカメ用にパナソニックのエボルタを16本持参して、それを全て使い切った挙句...
2012/06/12(火) 00:42:26 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。