09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.27 (Wed)

第1回ユースト配信中

 さて、昨日ユーストリーム配信の第1回を終えて、一息の武田でございます。
 なんかもう生配信中の段階(完全未編集)を見ることが出来た人…は、わかると思いますがマジにグダグダな状況でした(苦笑)。
 なにしろ「音が入らない」に始まって、私がかみまくるなんて場面もあって、いやはやお見苦しいところを(しかも台本は用意したものの、アドリブ連発…)。
 しかし、ユーストリームって、正直私はさっぱりわからんのだが、YOUTUBEとか、にこ動とかと似たようなもんかと思っていたら、どうも色々と違うものらしい。誰か未だにツィッターさえ理解しきれてないような親父にわかりやすく説明してください(笑)。

ユースト準備中
みんなで悪戦苦闘中。妙に機材だけは充実しているのだが…どーにもこーにも(苦笑)。
 
 ユーストリームは現在でも視聴できます。畑サイトのTV画面をクリックするとユーストのHPに飛びますので、第1回配信の第1部~第4部を視聴できます。
 あと、一応2週間に一度、水曜の更新の予定ですが、その間の週にもショートバージョンみたいなのを予定しておりまして、なんか「お題目」(早い話が武田にしゃべらせたいネタ)を募集いたしております(笑)。ひとつよろしくお願いいたします。

ユーストのセット?
シティプラザの受付カウンターをセットに流用。妙に出来すぎな絵に(笑)

 さてさて、昨晩。ユーストの録画を終えての帰り道。例によって、愛車の通勤快足ジャイロ・キャノピー改で目白通りを走っておりますと、後から覆面パトカーに呼び止められる。 どう考えてもグッドマナードライバーな私(どの口が…)。違反など心当たりもなく、よもやわざわざ職質か? と、路肩に停めてからふと気がついた。
「もしかして、こいつ(ジャイロ・キャノピー改)がミニカー登録車輌だと気がついていないのでは…」
 覆面パトから下りてきた年輩の刑事さん(巡査じゃなかった)開口一番「ダメだよ原付で60㎞/hも出しちゃー」(※原付の制限速度は30㎞/hだが、ミニカー登録車輌は道交法上、普通自動車と同じ扱いになる)
 ビンゴォォォォォォッ!
 内心、ガッツポーズな私(嬉)。実は、うちのジャイロ・キャノピーをミニカー登録車輌に改造したきっかけは、5年ばかし前にやはり同じ目白通りで、仕事帰りにセドリックの覆面パトにスピード違反で捕まったのがきっかけ。
 嬉々として、ナンバーを指差す私。多分、満面のしてやったり顔だったことと思う(笑)。
 「ナンバー青いよね。これミニカー登録車輌だから原付じゃありませんぜ」と、年輩の刑事さんに説明していると(ミニカー登録のことがよくわかっていなかったらしい)、もめているとでも思ったのか、相方の若いのが降りてきて「原付は30㎞/h以上出しちゃだめだろ」と、なんか態度の悪い言い草だったので、瞬間半切れで「違う! よく見ろ!と怒鳴って「まあまあまあまあ」などと刑事さんになだめられる(苦笑)。
 当然の話、違反でもなんでもなく無罪放免なのだが、一概に警察と言っても、著作権法が理解できていないのがいたり、18禁と猥褻物の区別がついていないのがいたりするので、ミニカー登録なんて知らない人がいても不思議はないのかとあとで思ったりもしたのだが…。次はご勘弁いただきたいところである。

覆面パト
余談 停めた理由こそ原付と勘違いしてだったが、本命の目的はやっぱり職質でした(笑)。

 今週末は、金曜に畑とトレジャーのチラシとポスター背負って、名古屋→京都を全開強行営業。土曜~日曜はコミックシティ大阪本番で、翌日月曜は専門学校とかに営業回り。
 台風来てるなぁ…。まあ、なんとかなるだろ(苦笑)。

ツクネ
というわけで、ツクネもお留守番(…というか、ボンの面倒…)よろしく。

スポンサーサイト

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

20:36  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.19 (Tue)

「畑65」チラシ書店展開開始

 昨日は、代休とって家でのんびりするつもりでいたら「コミックボックスJr.」の原稿が上がらず、朝っぱらから自宅でベタを塗っていた武田でございます(苦笑)。

こちら赤ブー原稿

 なんとか猫どもの妨害を凌ぎきって(特にボンが…)、夕方には仕上げて阿佐ヶ谷までセルフバイク便(笑)。
 今回は、例の件で最初だけちょっと辛口。主テーマは、イベント会場での置き引き・スリ被害と対策について。
 本当は、例の都条例(青少年育成条例)改正案関係で様子を見て…とか思っていたのだが、ご存知の通り9月の都議会定例会での提出が見送りになって12月の予定に。
 このまま提出されずに忘れ去られでもしてくれれば、それでも良いのだが、いかんせんネタの用意が無かった(苦笑)。
 そこでちょうど、赤ブーの方で問題になっていた置き引き・スリ被害を扱うことに。実はマジに酷いもんなのである。なにしろ、スペースの中や足元にあるカバンの中からやられるのである。しかも、明らかに発覚を遅らせる目的で、財布を元のカバンの中や机の上等に戻していく。江戸時代とかには中抜きとか、抜き戻し、懐返しと呼ばれるスリのテクニックがあったと聞くが、まさにそれの現代版である。
 ちなみに犯人と見られているのは女性(もしくは女装)らしい。犯罪者が男だという先入観念は禁物だ。みなさんも各自が意識して自己防衛に努めてください。

畑ポスターラミカ中
 畑65のA3ポスターのラミカ中。この他に、A2版と全紙サイズの3種を準備。

 16日~17日にかけては、関西コミティアでのチラシまきをはさんで、神戸・大阪の書店を回って、畑のチラシとポスター貼りのお願いに(ついでに、トレジャーのポスター貼りも)。
 関西コミティアは書店回りの時間の関係で昼過ぎぐらいまでしかいられなかったが、久々に普通に一般として即売会参加。この稼業は、肝心の同人誌を買って回る暇がないという矛盾があって、こんな同人誌を買って回れる機会は貴重なんです。
 ちなみに、朝の設営に参加する気満々で準備していたのに寝過ごした(苦笑)。しかも「設営間にあわなかったー」と、関西エリアのイベントスタッフが(当然、知った顔が)ごろごろ集まっている。 お前ら何をしている(笑)。

スクラム
三宮の某駐車場にて。うっかりしてえらい高いコインパーキングに留めてしまった

 とりあえず「そうさく畑 65」の申込用紙が置いてある書店ですが、現時点では次の通りです。

神戸地区
アニメイト 三宮店
GAMERS 神戸三宮店
コミックとらのあな 神戸三宮店
Honey Heart
メロンブックス 神戸店
らしんばん 神戸店


大阪地区
アニメイト 日本橋店(2階へ上がる階段のすぐ下にあります)
K-BOOKS なんば壱番館(2階にあるはず…)
コミックとらのあな なんば店
HOBBY SHOP VANILLA
メロンブックス 大阪日本橋店
リブレット なんば店
 (以上50音順)

 追って、京都・名古屋等にも伺いますので、そのエリアの方はもうちょっと待ってやってください。

サンボーホール
 サンボーホール前にて。武田は車やバイクを運転しているとストレスが発散する性質なので、今回はその点でも良いリフレッシュになったかな(笑)。

 余談ですが、関西コミティアの会場に着くと、隣でやっていたのが未生流の生け花展。まさかと思うが、うちの母親が来てるんじゃないだろうな…(武田の母親は未生流のちょっと格の高い先生…らしい。いや、こういうのの格付けってよく知らないので)などと思っていたらビンゴで、思わぬところで親の顔を見ることも出来た。なにしろ、こちらも年に2~3回も会えれば御の字という状態。何気に充実した週末になったものである(笑)。

ボン
 はいはい、もう邪魔になるものはないからね。

 さて、今からユーストリーム配信の台本考えんと…。うーむ(苦笑)。

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

15:18  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.10.13 (Wed)

さて、いよいよチラシ営業開始

 コミックシティSPARK5→大阪の東方紅楼夢遠征(畑とトレジャーのチラシまき)を終えて、ちょっと一息ついております武田でございます。

さんま
 なにか秋らしい写真を…と思ったのだが、こんなものしかなかった(笑)。武田は秋のサンマは塩焼きオンリー(そのかわり、塩はちょいと良い物を使う)。

 SPARK5での同人誌の作り方講座も50名近い人数を集めて、まずは盛況の部類…だったと思う(笑)。ちと今回は、講習会資料の出来が親切すぎて、講習が意味があったんだろうかなどと自問自答する一面もあったりしたのですが(苦笑)。
 まあ、それでも疑問を残さず解決して帰ってもらうことが最大の命題。そこは果たせたことと思うので良しとしたい。
 次の機会は、資料がこんだけ親切なら、もう少し実演を積極的に見せたいところかな。
 そうそう「そうさく畑」公式サイト(旧URLから変更されています。ブックマーク等が旧URLのままだと、古いサイトが出てくるので注意)の 「ぴくしぶ企画 畑まんが道場」へのトライをお待ちしております (気づいている人もいるかもしれませんが、例のボタ落ち原稿はこれのサクラ用w)。
 畑の参加サークルに限らず、他ジャンルサークルの方や(※キャラはオリジナルで)、一般の方でもトライOK!

同人講座装備
 同人講座の装備。実技や資料は、OHPやカメラを使ってホワイトボードに大写しにする。意地でも疑問質問は全部解消させてやるぞという体制だ(笑)。
雨水除去作業中
 これは、SPARK5前日夜中ののビッグサイトにて。設営日が雨だと、どうしても資材等の搬入時にびしょ濡れのトラックから大量の雨水が会場内に持ち込まれる。この水たまりを放置しておくと、印刷物の搬入に支障が出るのはもちろんだが、間違いなく朝までに乾かない。サークルスペース水浸し。断じてそんなわけにいかんので、水たまりは前日のうちに除去する。この類の作業は業者に任せたりせずに社員がやる。多少のことなら私ひとりでやっているのだが、さすがに今回は4人がかり(苦笑)。イベント屋は決してきれいごとばかりでイベントが出来るわけじゃないんだよね。

 いつのまにやら、8月の例の記事への拍手が100を超えているのはびっくりだったが、さすがにそろそろカウンターの方は落ち着いてきたな(笑)。
 もしまだ2ちゃんの某スレの縁でこちらをのぞいてくれている方がいるのなら、ちょっと誤解はしないでほしい点のオマケだが、よくこのブログに「凸して迷惑をかけて…」と言われているようだが、 そこは私が迷惑だなどと思うところではないのでお気遣い無用で。これを機会に「笑えるブログだ」とでも思っていただいて、たまにのぞきに来てもらえればむしろ幸いな話。どうせならネガティブな話の時よりも、明るい話題のときにのぞいてもらった方が楽しいだろうし、私もその方がうれしいっていうだけのお話なんだよ(笑)。
 ただね、私に文句があって、自分が正しいことを言っているつもりなら非公開の拍手コメントにばかりこそこそ書き込んでるんじゃなくて、どうどうとコメント欄に書き込んでいきなさい。後ろめたいネタがあるやつほどこういう行動をとる(ちょろっとだけまともなのがある程度…)。バカなことを言ってるやつもいるので、いくつか晒してもいいだろうか…なんて、ちと意地悪なことも考えたりしたが(実はちょっと解析とかしてみたら面白いネタが拾えたんで)、まあそれはいいや。ここで私が書くことではあるまい。

ボンおねむ
ちょっと疲れがとれてなくて、わしも眠い…(苦笑)。

 今週末は、久々に関西コミティアに顔を出して、大阪と神戸で畑のチラシやらポスターを担いで書店回りの予定。
 畑の申込みってアナログ申込み(チラシ・Piggyの畑のページ・サイトからのpdf.ダウンロード)が67.3%もあって、通常オンライン申込みがあるイベントとしては、異様にアナログ率が高い(笑)。チラシだけに限定すれば41.8%もある。さて頑張って頭下げてくるかぁ。

ツクネとボン


追伸・2ちゃんの創作スレで質問?投げてる人。んなとこで「ご回答のほどよろしくお願いします」じゃなくて、 こっちに来いっ!(笑)

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

11:31  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.10.08 (Fri)

「そうさく畑」公式サイト改訂!

 明後日の「同人誌の作り方講座」の資料をごそごそいじくっていたのだが、昨日突然思い立ったことがあって、今朝から全面作り直し中の武田でございます。間に合うんだろうか(苦笑)。

講習会資料作成中

 いよいよ畑公式サイト、リスタートしました!
 ところで、サイトのURLが変更されておりまして、旧URLからだと現時点では飛ばないみたいです。
 新URLは下記になります。ブックマーク等変更をお願いいたします。

「そうさく畑」公式サイト http://www.sousakubatake.jp/
 これから色々とweb企画も展開していきますのでお楽しみに!

焼き鳥3姉弟
うちの焼き鳥3姉弟(上からボン、モモ、ツクネ)。3匹一緒に画像に収まることが意外と珍しい。ちなみにツクネの左後にある額の写真が故ササミ。

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

12:08  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.07 (Thu)

いよいよ「畑65」申込用紙配布開始!

 いよいよSPARK目前。同人誌講座の新ネタ資料に頭をひねっております武田でございます。ちなみにSPARKが終わると、その足で夜のうちに大阪に飛んで翌日の「東方紅楼夢」へお仕事(ちらし撒きやら色々)に。この仕事(同人イベント屋)って、分類上はいわゆるサービス業にあたるので、人様が遊べるときほど忙しいわけである(苦笑)。

畑65チラシ プロトタイプ
「そうさく畑 65」チラシいよいよ展開開始!(※画像は製作途中のものです)10月10日の「SPARK5」と10月11日の「東方紅楼夢」から配布いたします。郵送希望者は、このプログのメールフォームからても結構ですし、赤ブーにお問い合わせいただいても結構です(送料無料。住所・氏名だけで結構です)。

 さて、昨日・一昨日といきなりカウントが1日200前後ぐらいで回りだして何事かと驚いた。前にも書いたが、このブログ1日40前後ぐらいがデフォだから(笑)。しかも、特に無茶苦茶目を引くような更新をした覚えもない(いや、特に今週は同人講座とかあるので見ていただきたいのだが)。
 はて? またどなたかが講習会ネタとかツィッターか何かで広げてくれたのだろうか? だったらありがたい話で…とか思っていたら、8月に書いた「ボックスJr.に少々苦言」への拍手がいきなり伸びていることに気づく。
 これはまさか…とか思っていたら…2ちゃんでした(笑)。そういえば、地味にやってるブログだから2ちゃんねらーですらほとんど気づいてなかったか(苦笑)。
 しかも箱息子スレかと思っていたら、それもはずれて某ヘタリアイベントスレだった。
 うーむ。どうも一部誤解がある上に、あからさまに嘘を書いてる人がいる。まあ、なにが嘘かとかはここではあえて触れないが、本人は当然覚えがあるだろうからそこは自重してくれたまえ。君の正義がどこにあるかは問わないが、嘘はいかんよ、嘘は(実は、これさえなければこの記事を書くなんてこともなかった)。
 ということで、若干わかりやすいように誤解は解いておこう。別にネタにしてくれる分には一向に構わないんだけど、正しい意図を誤解したまま引用されても、そりゃ参考にも何にもならないんじゃないかと思うから。ネタにするにも有用に使ってやってほしいものだ(別に笑いとるネタにされても私や文句は言わないよ)。

 最初にはっきり言っておくが、今回の幻冬舎の謹告問題で名前が挙がっているサークルやイベントには、良くも悪くも特に思うことはない。まあ…強いて言えば、サークルに関しては迂闊な…という印象は禁じえないわけだが。
 問題のスレは、そのサークルが主催するヘタリア系イベントの注意喚起?スレのようだが、どうも混乱気味のようだ。まあ、それが2ちゃんらしいと言えば2ちゃんらしいんだけど(笑)。
 まず、この件に関してだけ言えば、ざっと大きく分けて問題は3つに分けられる。

①幻冬舎から2度も謹告を出されたボックスJr.(ふゅーぷろ)の問題
②結果としてボックスJr.に加担してしまった(一度謹告が出ていることは当然知っていただろうから)、サークルの迂闊さという問題
③イベントの運営の問題


 はっきり言って、これらは全て問題の「種類」の異なる別々の案件だ。当然、答は別々に存在しなければならない。それを無理矢理ひとつの答えで括って解決しょうとしたって、そりゃ根本的に無理があるし不可能だというのが私個人の感想だ。ちょっと考えてみたが、イベントの主催者がふゅーぷろで、サークルが雇われスタッフで運営に当たっているとか言うような構図でもない限りありえないわけで、そう考えればすでに①と③や、②と③を同列で語るなどありえないのだ。
 同じイベンターの立場でということで、③のイベントに関してのみ言えば、主催者が「今回の(謹告の)責任を取ってイベントを中止します」というのも主催者の選択としてはあったと思う(※選択肢を選ぶという行為に関しては、第三者が強制できるものではなく、あくまで主催者の権利です)。
 しかるに、あえて予想されたであろう茨の道を選んだのであれば、そこはどこまで誠意と努力を結果に結びつけるかだ。
 イベント主催者のやるべきことの根幹は全て同じだ。シティみたいな大規模イベントであろうと、地方の小規模なイベントであろうと、またどんなジャンルであろうと(さらに言えば同人誌即売会であろうがなかろうがだが)、主催者は参加者笑顔で迎え、参加者笑顔で帰ってもらうことである。
 そしてこれらは、結果論でしか語られることではなく、また結果論でしか語れない。
 過去には結果を待つまでも無くグダグダなイベントの例が無いわけではないが、それでも最終的に「どこまでダメだったか」という点までを一本の線で結んで語るには、結果論を待つしかないのだ。
 だからこそ、迂闊な行為でケチをつけてしまったサークルが主催をやるというのなら、そこはそれ相応の覚悟と頑張りが必要である(そんな気概もないという話なら、それ以上言うことも無いが)。逆に言えば、どんなミソがついていたって、参加者全員…とまでいかずとも、大半を笑顔で帰すことが出来れば勝ちなのだ。それに対して、私や赤ブーブー通信社が叱咤することも無ければ、梃入れする立場にもないということである。
 件のスレの住人は、主催に対して否定的な人が多くいるというのは単に当然だと思うが(そもそも、そういう趣旨のスレな訳だから)、このイベントを楽しみにしている人たちが全てこのスレの住人というわけではないし、またそうであっても悲観論的な人ばかりでもあるまい。はっきり言って、イベントの楽しみ方なんて人によって千差万別だ。特定の人間の設けた枠に必ずしも当てはめて計れるものでもないだろう。
 ま、仮にそのイベントをどうにかしたいと思っているのであっても、ちゃんと筋と情報とを整理して(中にはガセネタもあるかもしれんしね…と言うか、少なくとも1件はあったからこんな記事書く気になったんだが)、視野の角度は広く持って周囲に語るべきだとは思う。
 ということで、ひとまず筆を置きたい。もしも、また加筆や訂正があれば、その都度日時を書き加えていきます。

2010年10月7日 初稿
        同日 21時36分ごろ ちょっとだけ書き足し 


 …でだなぁ…正直な話、こういうなんとなくネガティブ色の強いネタでカウンターが回っても、実は書いてる本人はあんまりうれしくないわけでございますよ(苦笑)。このブログ、だいたい1週間に1回程度の割合で更新しとりますので、ひとつこれを機会にふらっとのぞきに来てやっていただけると幸いです(見てもらえばわかりますが、別に「そうさく畑」のネタばかりというわけではないので)。いや、うちの猫の顔見にくるだけでも結構ですよ(笑)。というわけで、やっぱり気分的に和めんので、うちのボンの写真を…

ボン
…ボン…よく見るとお前が敷物にしてるそれは、とーちゃんが洗濯物かごに入れていたはずのとーちゃんのワイシャツ…。

おまけ
修正原稿
前回載せてたボタ落ち原稿(苦笑)。まだトーン貼りの途中だが、ここまでリカバリー(笑)。

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

16:54  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.04 (Mon)

ツィッターとか…いろいろ

 なんだかここしばらく天気がすっきりしない日が多くて、どうもテンションが上がらん日が多い武田でございます(それどころか湿度が高くて肩が痛くてしょうがない)。なにやら秋晴れなんて言葉も忘れそうな今年の秋でございます。

コタロー
 なんか気が滅入るので、気晴らしに裏道を徘徊しているとコタローに出会う。なんかえらく迷惑そうな顔をされる。んな顔せずにおじさんと遊んでくれよー(苦笑)。

 そうさく畑ツィッターも稼動中(@sousakubatake)…なのだが、今ひとつ…どころか今たくさん理解できていない私(苦笑)。毎日、周囲から色々と教えてもらいながら一日1ツィート程度には書き込む日々でございます。
 なにやらこれって、フォローしてくれる人が多いとそれだけ楽しいとか? ひとつご協力お願いします。

ボタ落ち原稿
ツィッターでも書いた某企画用の原稿。ひどい事になっているのは一目瞭然(泣)。

 そろそろコミックシティSPARK5での「同人誌の作り方講座」の準備もしないといかん。今回はちょっと、ストーリーの作り方に重きを置いてみょうかとか考えている(今これ書いてる時点では、赤ブーサイトが8月の講座のまま──苦笑)。もちろん、画材や技術的な講習もやりますので、興味がありましたら是非どうぞ。。
 詳しくは前回の更新を参照してください。

ボンとツクネ

★おまけ
 私がお世話になることがある某会社のサイトなのだが、これがインテリアとして違和感がない家庭っていったい…(笑)。
(実は、危なく買い物かごに入れそうになった──苦笑)

テーマ : 同人イベント - ジャンル : アニメ・コミック

16:29  |  お仕事中  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。