06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.06 (Tue)

昨日のゲリラ雨にはまいった…

 猫が顔を洗うと雨が降ると申しますが、昨晩の東京のゲリラ豪雨は酷かった

ツクネ

 雨が小降りのうちにさっさと帰ろうと、ジャイロ・キャノピー改で仕事場を出たものの、練馬区に近づくと目の前に雨の壁が見える。
 道端にキャノピーを停めて、あわててレインスーツを装備したまでは良かったが、その後の目白通りは川。
 うっかり、信号待ちで足をついたら水深が20㎝近くあって、これまたあわてて比較的水深の浅い道路中央側に逃げる。酷いところは40㎝近い水深があって、そんなところに突っ込んだら、確実にエンスト → ウォーターハンマー → エンジンアボーンである。
 見ると、高架下や陸橋下にバイク(と、ライダーがセットで)が身を寄せ合うように避難している。多分、あれが良識ある大人の判断…などと思いつつ、全神経を集中して、水滴が叩きつける暗い水面のわずかな光加減で水深の浅い場所を探りながら走るという、大人の判断とは程遠い(苦笑)雨中強行突破に。
 結果。レインスーツの耐水性能をも超えた豪雨のため、パンツまで水浸しといういただけない状態で無事?帰宅 …というか、レインスーツの中で水がチャプチャプいってるのは如何なものかと(苦笑)。 

一言二言!用プロットメモ
夏の時期のシティのパンフ用の「事務局から一言二言!」の執筆中。まいどこんなプロットを目の前に置いて、頭を整理しながら文章を書く。さてさて、今回はどんなお話になっているのやら(笑)。

 さて、以下は2010年7月4日のMSN産経新聞の記事なのだが、今の今までマスコミはなぜこの問題に触れないのかずっと疑問だった。

【日本の議論】「子供を守る」どこ行った? 大人の都合で“政争の具”へ 漫画児童ポルノ条例をめぐる議論  ←※リンクしてます

 筆者は誰かわからないのだが、よくぞ語ってくれたと思う。記事の内容からは、筆者が規制賛成派なのか反対派なのかはわからないが、少々シニカルな文体で、どちらかと言えば規制賛成派寄り(?)か、反民主党なのではないかと推測してみる。
 読んでいただければわかると思うが、これまでにしばしば私が疑問を呈していた件とも合致するのである。
 もちろん、私は規制反対派の立場であるが、正直、規制賛成派も反対派も、こうした部分をちゃんと論じ合うことは出来ないのだろうかと考える。
 子供を守るとはどういうことで、子供たちのためとはいったい何なのか、一から整理するべきではないのだろうか。私の規制反対の観点はそこにある。表現の自由云々はその先に生じる結果のひとつなのだ。逆に言えば、この根本の問題を語らずして、真の意味で表現の自由を勝ち取ることなど出来ないのだとさえ思う。
 機会があれば、この記事を書いた人物に一度会ってみたいものだ。

 固い話はこの辺にして、引退が決まったミニキャブと入れ替わりにうちに来る平成5年式の(ミニキャブは平成10年式だったのだが…苦笑)軽バンの修理やら改造やらを検討しているその目の前でいきなり爆睡するボン

ボン爆睡

 仕事の邪魔もさることながら、この無防備さは男の子としてどうかと思う(笑)。
 しかも、なんかウニャウニャ寝言言い出すし(多分内容はこう…w)。

ボン寝言

 さて、今週は「こみっく☆トレジャー」の〆切。いかん。まだわしが申込みしとらん(苦笑)。
 これから夏に向けて、本格的に忙しくなるなぁ…。気象庁は今夜もゲリラ雨の危険があるとか言ってるし、とりあえず、今日はこの辺で。

スポンサーサイト

テーマ : 同人活動 - ジャンル : アニメ・コミック

19:23  |  ちょっと独り言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。